東京・浅草「梅園」の「あわぜんざい」:黄金伝説。の100年以上続く名店を巡る旅

2015年3月19日にテレビ朝日「いきなり!黄金伝説。」で放映された「創業100年を超える名店のグルメを合計2000年分食べ尽くす旅」の紹介。

あらかじめ用意された16軒の中から外観などから歴史あるお店を選択、創業年数の合計で1000年超えを目指します。これを2チームで行い、合計2000年を目指す。

タカトシと吉幾三&今井華チームが、お店の創業年数が1000年を超えたため、
ここからはタカトシと森泉&森星チームで残り1000年を目指します。

世界的デザイナー森英恵を祖母に持つ森姉妹。
姉の泉は、パリコレにも出演したカリスマモデル。
10歳年下の星も女性ファッション誌などで活躍するこれまた、人気モデル。

現在1024年なので残りは926年、新たな16軒からお店を選びます。

東京・浅草「梅園(うめぞの)」
『あわぜんざい』

価 格:777円
住 所:東京都台東区浅草1-31-12

1軒目は森泉が選びます。

老舗と予想した1軒目を目指しやってきたのは浅草。

都内最古のお寺、浅草寺は飛鳥時代に建てられたといわれています。

お店は、ずらりと並んだ提灯や家紋らしきマークが老舗風だが店内はどうなっているのか?

しかし、店内をよく見ると雰囲気はあるものの100年を超える老舗としては割と新しめ。

東京・浅草「梅園」
【梅園】

この店の名物は創業当時から続く甘味。
味はもちろん見た目の美しさも評判の品。

穀物の一種、もちきび。
熱を通すとモチモチとする食感が特徴。

餅米を加えたきびをせいろで蒸す事、30分。

先ほどのきびと餅米がふっくらと蒸し上がり石臼に移したところで、森星が餅つき機を動かす作業を体験。

つき上がったお餅をお椀に盛り、そこに加えるのが、北海道産の上質な小豆を使った、こし餡。

常に温めながらかき混ぜる事がおいしさと、なめらかさを保つ秘訣なんだそうです

それを、たっぷり盛り付ければ完成。

東京・浅草「梅園」の「あわぜんざい」
【あわぜんざい】

あわではなくきびを使っているのにあわぜんざい。
何か理由があるのか?

最初はあわを使っていたが、あわもとれなくなってきてあじもきびのほうがいいということできびをつかっているそうです。

都内最古のお寺である浅草寺との関係とは?

浅草寺の別院である梅園院の近くに初代がお店を開いた事から梅園という店名がついたのとのこと。

この店の創業は161年

梅園が創業したのはなんと、あのペリーが黒船で来航した翌年。

当時は、まだお米が貴重な時代であわや、きびなどの雑穀も庶民の大事な主食だったそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

AdSense


おすすめ♪

このページの先頭へ