東京・台東区 「豆富料理 笹乃雪」の「朝顔御膳」:黄金伝説。の100年以上続く名店を巡る旅

2015年3月19日にテレビ朝日「いきなり!黄金伝説。」で放映された「創業100年を超える名店のグルメを合計2000年分食べ尽くす旅」の紹介。

あらかじめ用意された16軒の中から外観などから歴史あるお店を選択、創業年数の合計で1000年超えを目指します。これを2チームで行い、合計2000年を目指す。

タカトシと吉幾三&今井華が挑戦!

東京・台東区 「豆富料理 笹乃雪」
『朝顔御膳』

価 格:2800円
住 所:東京都台東区根岸2-15-10

5軒目を選んだのは吉幾三。

やってきたのは、台東区根岸。

お店は交差点の横にたたずむ2階建て。
和風の店構えで水がめや、杓も置いてあります。

東京・台東区 「豆富料理 笹乃雪」
【豆富料理 笹乃雪】

こちらの笹乃雪は豆腐料理の専門店。
しかも、今では当たり前の絹ごし豆腐はこちらの初代店主が考案したといいます。

「朝顔御膳」は「生盛膾」「あんかけ豆富」や「絹ごし豆腐」、「胡麻豆富」、「豆乳蒸し」などがセットになったもの。

 「豆富料理 笹乃雪」の「朝顔御膳」:
【朝顔御膳】

あんかけ豆富はなぜ2つセットになっているのか?
創業当時は1品のみで出していたとのこと。
江戸っ子たちは競って何杯も食べたという。

しかし、あんかけ豆腐を後西天皇の親王・上野宮様もこよなく愛し、初めから2碗ずつ持ってくるように勧めたのが始まりといわれているとのことです。

またこのお店から歩いて、3分ほどのところに俳人・正岡子規が住んでいたとのこと。
明治35年までの8年間。34歳の若さでこの世を去る直前までここで過ごしたといいます。

笹乃雪創業は江戸時代の1691年

京都で絹ごし豆腐を発明した初代が江戸に移り、ここ根岸で店を開いたのが始まり。

更に豆腐の「腐」の字を初めて「富」と書いたのもこのお店。

この店の創業は324年
今回の中で最も老舗のお店だったのでした。

コメントを残す

サブコンテンツ

AdSense


おすすめ♪

このページの先頭へ