東京・両国「ももんじや」の「猪鍋」:黄金伝説。の100年以上続く名店を巡る旅

2015年3月19日にテレビ朝日「いきなり!黄金伝説。」で放映された「創業100年を超える名店のグルメを合計2000年分食べ尽くす旅」の紹介。

あらかじめ用意された16軒の中から外観などから歴史あるお店を選択、創業年数の合計で1000年超えを目指します。これを2チームで行い、合計2000年を目指す。

タカトシと森泉&森星が挑戦!

東京・両国「ももんじや」
『猪鍋』
価 格:円
住 所:東京都墨田区両国1-10-2

一行が訪れたのは「ももんじや」。

店頭にはつるされたイノシシの剥製。

東京・両国「ももんじや」
【ももんじゃ】

こちらはイノシシの肉(山くじら)を使った料理を提供、薄く切ったイノシシ肉を煮込んで味わうのだとのこと。

鍋の準備。
鍋の中には八丁味噌と桜味噌をブレンドした独自のお味噌。
イノシシのお肉を入れていきます。

イノシシのお肉は硬くならず、似たほうが味が染み込むとのこと。
煮込むこと20分。
名物イノシシ鍋が完成。

「ももんじや」の「猪鍋」:
【イノシシ鍋】

お店はもともと薬屋として営業、
獣の肉を食べることがタブーだった時代にイノシシをこっそり食べるときの呼び名として”山くじら”だったといいます。

建物は新しいが包丁は驚くほど使い込まれており、イノシシ料理を名物として出すももんじや。

この店の創業は297年

イノシシ肉を、表立って食べられるようになったのは明治時代以降。
ももんじやの創業はそれより更に昔の江戸時代1718年でした。

タカトシと森泉&森星、最短5軒で伝説達成!

コメントを残す

サブコンテンツ

AdSense


おすすめ♪

このページの先頭へ