東京・銀座「維新號」の「肉まん」:黄金伝説。の100年以上続く名店を巡る旅

2015年3月19日にテレビ朝日「いきなり!黄金伝説。」で放映された「創業100年を超える名店のグルメを合計2000年分食べ尽くす旅」の紹介。

あらかじめ用意された16軒の中から外観などから歴史あるお店を選択、創業年数の合計で1000年超えを目指します。これを2チームで行い、合計2000年を目指す。

タカトシと吉幾三&今井華が挑戦!

東京・銀座「維新號(いしんごう)」
『肉まん』

価 格:562円
住 所:東京都中央区銀座8-7-22 MARUGENビル 隣 B1F

5軒目を選んだのは今井華。

次のお店がある銀座は1800年まで銀貨の鋳造所があった事が地名の由来。

ちなみに「座」とは貨幣や、はかりなど幕府の許可が必要なものを扱う機関の事。

建物はコンクリートで、お店があるのは地下。
100年以上続く老舗が地下にあるのだろうか?

東京・銀座「維新號」
【維新號】

しかし、扉の脇にある看板は地上にあったものより古めかしい。

店内には、彫刻屏風をはじめきらびやかな装飾品が飾られています。

維新號は上海料理のお店。

フカヒレの姿煮込みやバラ肉の煮込みなど本格的な中華料理が全部で100種類以上。
そんな中今回いただくのは看板メニューとして愛されている名物料理。

干し貝柱をおよそ1時間水に浸して、戻したら、
豚肉、タマネギキャベツと混ぜ合わせ餡を作ります。
この時貝柱から出た汁を加えるのもこだわりの1つ

そしてもう1つのこだわりは強力粉と薄力粉を独自にブレンドした生地。

隠し味として砂糖を入れる事で甘みを出すとともにイースト菌の発酵を促します。

これに、先ほどの餡をたっぷり100g。
職人が全て手作業で包みます。

そして、餡を生地で包み込んだらそのまま、しばらく自然発酵。
せいろで10分蒸せば出来上がり

こちらが維新號の名物、肉まん。

東京・銀座「維新號」の「肉まん」
【肉まん】

当時、高価だったカレーが50円くらいの時代にこの肉まんも、50円したとのこと。
今でいう5000円くらいだといいます

シンプルだが職人のこだわりが詰まった一品です。

この店の創業は116年

建物は新しいが看板や店名には風格あり。
若き日の魯迅や周恩来もお店にきていたのだそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

AdSense


おすすめ♪

このページの先頭へ