東京・文京区「はん亭」の「一の膳」:黄金伝説。の100年以上続く名店を巡る旅

2015年3月19日にテレビ朝日「いきなり!黄金伝説。」で放映された「創業100年を超える名店のグルメを合計2000年分食べ尽くす旅」の紹介。

あらかじめ用意された16軒の中から外観などから歴史あるお店を選択、創業年数の合計で1000年超えを目指します。これを2チームで行い、合計2000年を目指す。

タカトシと吉幾三&今井華が挑戦!

東京・文京区「はん亭」
『一の膳』

価 格:2835円
住 所:東京都文京区根津2-12-15

今井華がお店を選びます。

2軒目のある文京区は森鴎外や川端康成など名だたる文豪が好んで住んだという歴史の香りが漂う街。

選んだお店は建物が登録有形文化財。

東京・文京区「はん亭」:

東京・文京区「はん亭」

中をのぞくと、現代的な雰囲気もあるが建物自体は古く判断は難しいところ。
年季の入った階段を上っていくと3階は大広間になっています。

続いては料理。
メインはこだわりの一品とのこと。
160種類にも及ぶ名物料理とは、なんなのか?

使うのはエビ、豚のヒレ肉、牡蠣など季節に合わせたさまざまなジャンルの食材。
こだわりの食材をていねいに串に刺し、卵と水で溶いた小麦粉をつけパン粉をまぶします。

そして揚げる油にも、こだわりが。

綿実油を使い、弱火で揚げるのがポイント。

こちら、はん亭の名物料理は串揚げ。

一の膳は季節や仕入れでネタが変わる串揚げ6本セットです。

揚げたてにこだわるため少しずつ提供するとのことです。

「はん亭」の「一の膳」

実は、串揚げの歴史は江戸時代までさかのぼり、屋台で天ぷらを串に刺して提供した事が始まりだといわれています。

この店の創業は45年

元々は「爪皮」という下駄に取り付ける、雨よけを作るお店だったといいます。
その後、先代が運送会社から購入。

1999年に有形文化財に登録されました。

2007年には新丸ビルにも出店しています。
遠方からお客さんもにぎわう人気店です。

コメントを残す

サブコンテンツ

AdSense


おすすめ♪

このページの先頭へ