東京都「船橋屋 亀戸天神前本店」の「くず餅」

2014年7月24日にテレビ朝日「いきなり!黄金伝説。」で放映された「創業100年を超える名店のグルメを合計1000年分食べ尽くす旅」の紹介。

きみまろ&ローラがタカアンドトシの引率のもと、都内にある100年以上続く老舗店を1000年分食べ尽くす伝説に挑戦!

16軒のお店の中から創業年数が長いお店を選んで1000年分に達したら伝説達成となります。

「船橋屋 亀戸天神前本店」
「船橋屋 亀戸天神前本店」

『くず餅』
価 格:545円
住 所:東京都江東区亀戸3-2-14
お店のHP:http://www.funabashiya.co.jp

次はローラが選びます。
迷いながらも亀戸天神近くにある「船橋屋 亀戸天神前本店」に。

その美しさから新東京百景にも数えられる亀戸天神。春には藤、秋には菊など、四季折々の花が楽しめます。
そして、亀戸天神から徒歩1分の「船橋屋 亀戸天神前本店」へ。

「船橋屋 亀戸天神前本店」はあんみつ、豆寒天など、こだわりのお菓子が人気で、芥川龍之介も訪れたことがあるという老舗和菓子店。

中でも看板メニューは1年以上置かけて作る絶品和菓子。

名物料理は、初代勘助が亀戸天神の参拝客に、地元船橋の名産だった小麦粉を使った和菓子を売り出しました。それが大ヒットして江戸名物になるほどの人気商品に。

それは「くず餅」で小麦デンプンを15ヵ月(450日)かけ乳酸発酵させ、発酵後お湯を加えてとろみをつけたら蒸し器に入れて11~12分蒸す。

「船橋屋 亀戸天神前本店」の「くず餅」
【船橋屋 亀戸天神前本店 くず餅】

1人前200キロカロリーぐらいなので女性にもおすすめとのこと。

この看板は小説家の吉川英治が書いたものだそうです。↓

船橋屋の看板
【看板】

船橋屋 亀戸天神前本店 この店の創業は209年。

ここまでの合計は493年となりました。

コメントを残す

サブコンテンツ

AdSense


おすすめ♪

このページの先頭へ