黄金伝説。猿島で川越達也シェフの「タラの芽のフリット」レシピ

2015年5月7日「いきなり!黄金伝説」で放送された「千原ジュニア&濱口優 お猿の無人島観光地化計画!お猿たちの無人島を観光地化せよ!!」  のグルメをメインに紹介!

今回は濱口優と千原ジュニアの新伝説として、お猿さんたちの無人島を観光地化する事に挑戦。舞台は鹿児島県・いちき串木野市

なぜ無人島に猿がいるのか。

田畑誠一市長によると、およそ60年前、当時の串木野市の市長の熱い思いで無人島を観光地にしようと猿のつがいを連れてきたが、あえなく失敗。
野生化した猿だけが無人島に残されてしまったのだとのことです。

2人は船で無人島へと渡ります。
無人島に到着した濱口と千原ジュニアは野生猿の顔の特徴などから、それぞれに名前をつけます。

翌日、川越達也シェフが助っ人として参戦。

この猿の無人島にレストランを建設する事が目的。

2日目、濱口とジュニアが獲った食材で川越シェフが名物料理を作ることに。

2人はさっそく素潜りを開始。

千原ジュニアは獲物を獲得できず、濱口はタカセ貝やウツボを捕獲。

川越シェフは前日、山を散策しツワブキとヨモギとたらの芽をゲットしていました。

川越シェフは予め手に入れていたツワブキや濱口が捕獲した獲物で料理を開始。

~~~~~
【タラの芽のフリット(ディップソース添え)の作り方】

『タラの芽のフリットの材料』
天ぷら粉 ⇒ 適量
水 ⇒ 適量
サラダ油 ⇒ 適量
たらの芽⇒適量
塩⇒適量

『タラの芽のフリットの作り方』
1.天ぷら粉、水、サラダ油をボールに入れて混ぜる
2.1にタラの芽をつけて油で揚げる
3.揚がったら軽く塩をまぶす

揚げるコツはお鍋に対して、食材を3分の1ぐらいをキープしながら揚げていく。
(油の温度が下がりにくなる。ベタベタするのは油の温度が下がるから。)

猿島で川越達也シェフの「タラの芽のフリット」
【タラの芽を揚げているところ】

【万能ディップソースの作り方】

『万能ディップソースの材料』
・刻んだオリーブ⇒大さじ1
・刻んだケッパー⇒大さじ1
・ケチャップ⇒大さじ2
・アンチョビフィレ⇒2本

『万能ディップソースの作り方』
1.オリーブとケッパーを刻む
2.ケチャップとアンチョビを加えて混ぜ合せせれば万能ディップソースのできあがり

猿島で川越達也シェフの「タラの芽のフリット」ディップソース
【万能ディップソース】

タラの芽とソースを盛り、菜の花の花びらを散らせば
タラの芽のフリット(ディップソース添え)の完成!

猿島で川越達也シェフの「タラの芽のフリット」
【タラの芽のフリット】

コメントを残す

サブコンテンツ

AdSense


おすすめ♪

このページの先頭へ