おススメご当地市場めし!佐賀県 呼子の漁港「木屋さかな市場」の「佐賀牛やりいか丼」、「河太郎」の「いか活造り定食」

2015年5月21日にテレビ朝日「いきなり!黄金伝説。」で放映された「日本全国ご当地市場めしオススメ市場ベスト3!」の紹介。

オードリーと食通芸能人のゲストがご当地市場めしを探すド早朝の旅に挑戦。
ご当地市場めし3品を探し、そのうち1品だけを味わう。

ゲストは阿藤快。

第1位はケンサキイカが名物の呼子港。

佐賀県北部玄界灘に面する呼子の漁港。

こちらの名物は産卵前の梅雨から秋にかけてまさにこれから旬を迎えます。

ちなみにイカは日本人がよく食べる魚介類ランキングで毎年トップ争いをするほどの国民的食材なんです。

【1位】佐賀県 呼子の漁港

♪————————————————————————–♪

呼子の漁港の1品目『イカと高級牛の絶品コラボ丼』

「木屋さかな市場」で食べられる「佐賀牛やりいか丼 スープ付」(800円)(※要予約)

「木屋さかな市場」の「佐賀牛やりいか丼 スープ付」

♪————————————————————————–♪

呼子の漁港の2品目『巨大海チュレストラン 玄界灘の天然が乗ったイカ丼』

「海中魚処 萬坊」で食べられる「いかうに丼」(2592円)

ここはあるイカ料理の元祖と言われるすごい店だった。

水深およそ20メートルの海底に柱を打ち込み建物全体を支える構造で時期によってはメバルイシダイなど10種類近くの魚が見られます。

実はこちら呼子の名物いかしゅうまい発祥のお店。

しかしここにはいかしゅうまいよりも今食べるべき旬のグルメがあるという。

イカの刺し身に続いて出てきたのは地元でとれる赤ウニ。
4月から10月ごろが旬。冬場の黒ウニよりふっくらとして甘みがあるとのこと。

そして有明海でとれたのりをのせ黄身をのせて…。
赤ウニとケンサキイカ2つの旬が同時に味わえます。

「河太郎 呼子店」の「いか活造り定食」

♪————————————————————————–♪

呼子の漁港の3品目『 呼子の名を全国に広めた1品』
「河太郎 呼子店」で食べられる「いか活造り定食」(2700円)

地元の誰もが認める河太郎は全国からお客が集まる超人気店。

こちらのいけすは呼子湾から直接海水をくみ上げる事で自然の海に近い状態を作っているという。

呼子の町を有名にしたと言われる河太郎。
その看板メニューを拝見!

イカの鮮度を保つため1人前を3人でさばく流れ作業。
さばきはじめてから1分待たずに活造りが完成。

「河太郎 呼子店」の「いか活造り定食」

河太郎はイカの活き造りで有名なお店と言われ、40年前に河太郎が活き造りを始めてから呼子はイカの町として一気に有名になったという。

♪————————————————————————–♪

3品の中で食べられるのは1品だけ。

一行はジャンケンの結果「河太郎 呼子店」の「いか活造り定食」を頂いたのでした。

コメントを残す

サブコンテンツ

AdSense


おすすめ♪

このページの先頭へ